スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

Art Studio まほろば

Art Studio まほろば
http://mahoroba.logical-arts.jp/
ゆらぎアナライザー

音楽の持つゆらぎを解析し、視覚化して表示するツール
音楽の持つゆらぎを周波数(音程)と振幅(音量)の両面から解析
ゆらぎの程度を直線の傾きとして数値化
どのくらい1/fゆらぎに近いかを定量的に評価する
「ゆらぎ」とは物理学的にいうと、ある量が平均値を中心にして
時間的または空間的に変動する現象として定義
一般にゆらぎが小さいほど規則的であり(予測可能)、
ゆらぎが大きいほど不規則である(予測不可能)

物理の分野では周期的な現象を解析するには周波数領域に
変換してから行うと本質的なものが見えてくる
スペクトルに分解
「あらゆる周期的な波は周波数の異なる正弦波の重ね合わせで表すことができる」フーリエ変換
データをスペクトルに分解することによって、どのくらいの周期の
ゆらぎがどのくらいの割合で含まれているかを知ることができる
スペクトルが均一に分散するということは、言い換えればあらゆる
周期のゆらぎをランダムに含んでいるということであり、予測が全く
不可能であることを示す
λの値が0に近いほど不規則なゆらぎを持っており、λの値が大きいほど規則的

λ=0とλ=2がそれぞれ完全に不規則な状態と完全に規則的な状態の
両極端に対応するとすれば、その中間のλ=1は「適度に不規則な」
ゆらぎを持った状態
「規則性と意外性のバランスがとれた状態」
人間が心地良く感じる要因の一つ

音楽のゆらぎの正体とは、周波数と振幅のゆらぎ
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

| BACK TO TOP |

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

KOO

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。